トップページ ≫ お祭り・イベント ≫ 知立まつり(本祭り)

知立まつり(本祭り)

お店からのイベント情報

※平成29年は『間祭り』が行われます。「知立まつり(間祭り)」をご覧ください。

【平成28年 知立まつり(本祭り)】
5月2日(月)『試楽』山車巡行案内
・各町内車庫より出発
 西町は午前9時30分、宝町は午後1時、山町は午前9時30分、中新町は午後1時、本町は午後0時30分より町内巡行
・午後2時 宮入り開始。西町城跡公園前より
 (西町、宝町、山町、中新町、本町)の順に宮入り
・午後3時 宮入り完了
 知立神社に整列(境内での文楽・からくりの上演はありません。)
・午後4時 宮出
 神社より各町内へ巡行(夜は山車の提灯に灯が入ります。)

5月3日(祝)『本楽』山車巡行案内
・各町内車庫より出発
 西町は午前8時50分、宝町は午前9時、山町は午前8時50分、中新町は午前9時、本町は午前8時40分より出発
・午前9時30分
 新地中央通り山車5台集合、揃って山町東端へ。
・午前10時50分
 東海道を山町東端より5台揃って知立神社へ出発
・午後0時30分
 宮入り開始。西町城址公園前より(西町、宝町、山町、中新町、本町)の順に宮入り
・午後2時
 山車文楽・からくりの上演
・午後5時
 宮出。知立神社より各町内へ巡行(夜は山車の提灯に灯が入ります。)

【5月3日 知立神社神事案内】
・赤瓢箪 
 午前9時 長篠町公民館より知立神社へ
・神輿渡御
 午後2時 山屋敷町公民館より知立神社へ


【山車文楽・からくり 上演案内】
5月1日(日)◆山車文楽の上演
宝町/午後3時30分 宝町公民館前
・傾城阿波鳴戸(十郎兵衛住家の段)

5月2日(月)◆山車文楽各町内の上演
西町/午前11時 福祉体育館第3駐車場
・一の谷合戦
宝町/午後5時15分 宝蔵寺前
・傾城阿波鳴戸(順礼歌の段)
山町/午後5時30分 大宿(愛知木工)前
・寿式三番叟
中新町/午後6時 サンビーノ(旧マルトヨ)前
・鎌倉三代記(三浦之助母別れの段)
本町/午後5時30分 保健センター駐車場北側
・壺坂観音霊験記

5月3日(祝)
◆山車文楽・からくり上演
午後2時より知立神社境内にて順次上演
西町/一の谷合戦
宝町/傾城阿波鳴戸(十郎兵衛住家の段)
山町/日高川入相花王(渡し場の段)
中新町/二人三番叟
本町/壺坂観音霊験記

◆山車文楽・各町内の上演
山町/午後6時40分 人形連宿(大和屋)前
・日高川入相花王(渡し場の段)
中新町/午後6時40分 タワービル前
・二人三番叟
本町/午後6時30分 岐阜屋前
・壺坂観音霊験記

お店の紹介

本祭(ほんまつり)は、5つの町から高さ7m、重さ5tの5台の山車が繰り出され、神舞(かんまい)と呼ばれる囃子にあわせ、家々の軒を圧するように巡行するさまは壮麗そのもの。また、山車の台上で奉納上演される人形浄瑠璃芝居の「山車文楽」と「からくり」は、ともに江戸時代から伝承されている情趣豊かな郷土芸能の粋です。なお、文楽を山車の上で上演するのは知立だけであり、ともにユネスコ無形文化遺産、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

一覧に戻る
ここがおすすめポイント!

 知立神社の祭礼である「知立まつり」は、初夏を飾る一大風物詩で、1年おきに本祭りと間祭りが5月2日、3日に行われます。
 知立まつりの歴史は古く、江戸時代(1653年「中町祭礼帳」)から続いています。その当時、刈谷藩市原神社の祭礼と隔年ごとに行うという取り決めがありました。
 なお、ユネスコ無形文化遺産、国指定重要無形文化財に登録されている「知立の山車文楽・からくり」は、本祭りの際に山車の上で上演されます。

地図を拡大表示する

お店の紹介

住所 adress

知立市西町神田12 

電話番号 telephone

0566-81-0055 

営業時間 opentime

 

定休日 restday

 

ホームページ web site

ホームページを見る